一人旅

こんにちは。

名古屋市中区の福澤内科・皮フ科クリニックの福澤加奈子です。
まだまだ残暑は厳しいものの、皮膚科的にはお盆明けからは秋の風を感じています。
例年ですと9月から急に乾燥肌の方が外来にいらっしゃるのですが今年は少し早い印象です。

そんな中、私は先週末1人でふらっと長野に行ってきました。
特急しなのに乗り塩尻駅で乗り換えて茅野へ。
そこから更に標高の高い所へと向かいます。
目的はドライフラワーの先生に会うためです。

 

私の敬愛する先生は78歳でIQ150の天才の職人です。
昔は麦の花というお店で販売もされていましたが、今はお1人で工房に篭って作品を作りバラクライングリッシュガーデンやクリスマス前には銀座教会に出品されています。

もう20年も前に私が長野の雑貨ドライフラワー店を歩き回っていた頃、1人だけ全く違うリースを作られる先生がおみえになる事に気付きました。
夏休みに長野に旅行をしては一日講習を受ける内に親しくなり、その後ずっと永いお付き合いをさせて頂いています。

 

私は職人気質で創作活動をする人が好きなのですが、そういう方は1人でいる時間を大切にされています。

今回は甘えてしまい、仕事のお邪魔をしながらずっとお話をしていましたが、先生の優しいお人柄にも癒されました。

旅行中に先生に連れて行っていただいたのは、三井の森にあるトライアングルというカフェです。
大阪出身のオーナーが各地から集めた雑貨やお洋服が可愛くディスプレイされ、とてもセンスの良いお菓子やお茶、お食事がいただけます。

今回は玉露セットと珈琲わらび餅パフェを食べました。
どちらにも長野のドライフルーツが入っていてとても美味しかったです。

 

雑貨では虫が嫌いな娘のためにアイルランド製のスパイダーキャッチを購入。
取手を握ると先が開き取手を離すと虫がキャッチできるという面白い一品です。

 

長野は空も空気もとても綺麗でずっといたいなと思ってしまいました。
先生との別れを惜しみつつ、農家さんから頂いたとうもろこしとトマトとスパイダーキャッチを抱えて翌日家路に着きました。

今日から9月です。
また台風が接近しています。これ以上全国で大きな災害がありませんように。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL