記念植樹

こんにちは。
名古屋市中区の福澤内科・皮フ科クリニックの皮膚科医 福澤加奈子です。

11月初めに畑の植え付けのためみよし市の三貴フラワーセンターに行ってきました。

植える時期が遅くなってしまいましたが白菜や茎ブロッコリーの苗と、お花があまりに綺麗だったのでパンジーの苗やユリの球根も買ってしまいました。

隣には色々な果樹も販売されていて、私は興味津々で動けなくなり悩みに悩んだ結果、びわの木とみかんの木をセレクト。

私はびわの実が大好きなのですが、今は沢山の種類があるのですね。
糖度が高く名前も素敵な「なつたより」という品種を購入。

また、冬に暖色系の実がなるのが好きで半年前に檸檬の木を植えたのですが、みかんもなったら嬉しいなー、と欲張って早生温州田口という品種を買いました。

帰宅してエンドウの種を撒き、落花生を収穫してパンジーや野菜の苗を植えたらその日は時間切れ。

2週前にまいた水菜や廿日大根も順調です。


植物は可愛いですね。

その後1週間はびわとみかんの木を廊下に置いて水やりをしていました。

11月10日の天皇陛下即位パレードの日は朝から快晴。

木を植えようと庭を見回しましたが、竹が至る所から生えていてスペースを作るのに1時間もかかってしまいました。
でも、13時には2本の木を植えて私の記念植樹は無事に終了。

15時には天皇陛下と皇后様の神々しい素晴らしいパレードを見る事ができました。

陛下と皇后様はいつも弱い立場の方々や被災して辛い気持ちの方々に真摯に寄り添おうとされていて、国民からとても愛されているのが画面からも伝わってきました。

心対心なんですね。

東京には行けなかった私ですが、名古屋で植樹をして陛下と皇后様がこの先ずっとお幸せでありますように、とお祈りをしました。
いつかこの木に実がなる時、今後も秋晴れのこの良き日の事を思い出し前向きに生きていきたいです。

月曜日からはぐっと寒くなってきました。
最近はインフルエンザの予防接種で毎日が過ぎていきます。

皆様どうか健康には御留意ください。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL