令和2年を迎えて

新年あけましておめでとうございます。
福澤内科・皮フ科クリニックの院長 福澤良彦です。

皆様、年末年始は休養はとれましたでしょうか。

クリニックは1月6日(月)から診察が始まりました。

今年はどんな患者さんが多いのだろうと毎年初日を迎えますが、6日はインフルエンザの検査をご希望の方が多かったです。

新幹線移動や親戚やお子様との交流でこの時期には感染症が流行ります。

7日には今シーズン初めてインフルエンザB型の方が出ました。

インフルエンザ治療に対してはゾフルーザ内服薬(小児は除く)、イナビル吸入薬、リレンザ吸入薬、タミフル内服薬を用意しています。

ゾフルーザは1回内服、イナビルは1回吸入、リレンザは5日間吸入、タミフルは5日間内服です。

ゾフルーザ以外は予防的投薬が可能です。

本年もよろしくお願いいたします。

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL