嬉しい来訪者

  こんにちは。福澤内科・皮フ科クリニックの院長福澤良彦です。


私自身2児の父ですが、クリニックのスタッフさんも我が娘のように感じながら一緒に働いています。
若いスタッフが多いのでそれぞれの理由で退職される事があるのですが、結婚や出産のために退職されるような時には、寂しさと共に、娘の門出を祝うような晴れがましい気持ちになります。

実は先週、以前クリニックで働いていた看護師さんと受付事務さんが遊びに来てくれました。

看護師Kさんは約2年、事務のUさんは結婚後のパートの時代も含めるとなんと約11年もクリニックで働いてくれていました。
当院は開院して約15年なので・・・うわーすごいなあ。

お二人とも無事出産して子育て真っ最中です。
お子さんもつれて遊びに来てくれたので、そのまま長者町のイタリアン「プラティカ」というお店にランチに行きました。


二人のお子さんは偶然にも同級生なのですが、我々のお食事中すごくおとなしくされていました。
1
歳半のお子さんは用意されていたお弁当を食べるのに懸命ではありましたが、Kさんの手作りのお弁当のレベルはさすがでした。


 

Uさんももうすっかり優しいお母さんの雰囲気でしたね。


昔話に花が咲き、二人が働いていた時の笑顔や笑い声が懐かしく感じました。
それにしても、最近の子育てグッズってすごく進化していますね。
よだれかけ一つにも工夫があって感心しました。

こうして当院を去っても別の道で頑張っている姿を見させてもらえると、院長として本当に嬉しく思います。
これからも時々遊びに来て下さい。

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL