愛知県の緊急事態宣言について

名古屋市中区の福澤内科・皮フ科クリニックの院長 福澤良彦です。

 

愛知県では4月10日に県独自の緊急事態宣言が出ましたが、クリニックは通常通りの診察を続けております。

伏見ではテレワークや自宅待機で来院できない患者さんからクリニックはやっているか、薬はどうしたらよいのかとのお問い合わせが増えております。

風邪患者さんが激減しクリニックは空いておりますが、待合室で待つことが不安な方はお電話下さい。

 

通院中の方で風邪症状や発熱がある場合は来院前にまずはお電話で御相談下さい。

新型コロナウイルスに誰もかかることがなく、一般の方に必要な医療をどう提供していくかに非常に頭を悩ませています。

 

街の開業医としての仕事を適切にしていかないと病院で働く勤務医はますます疲弊します。

マスクや防護服などが国から支援されることもない中で、医療従事者はリスクはありながらもこれが自分達の責務だからと奮闘している最中だと思います。

 

不安が募る報道ばかりではありますが、今出来ることを淡々とやるしかありません。

入室前に消毒が置いてありますので、マスクの着用も含め皆様、是非御協力をお願いいたします。

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL