感染症検査BOX開発までの道のり

こんにちは。

 

名古屋市中区の福澤内科・皮フ科クリニックの内科医 福澤良彦です。

 

今回は当院が地元企業さんの協力の下で製作した感染症検査BOXについて書きたいと思います。

 

春からずっと私達開業医には何ができるのか、と考えていました。

まだ鼻腔でしか新型コロナウイルスの検査ができなかった頃に、パネルをいくつか組み合わせて何とか検査ができないものか、と考えました。

でも、鼻腔の検査をした場合、鼻に綿棒を入れられた患者さんの中には咳やくしゃみをされる方もいるので、医師が正面から飛沫を浴びるのは避けられません。

周りにもエアロゾルが発生するかもしれません。

 

クリニックはビル4階建てで、前は大通り。

どこにも病院外で検査のできる場所はありません。

どうしたものか・・・

 

積極的だった検査への気持ちは現実との狭間の中で萎縮していきました。

 

でも、今年はインフルエンザ感染症検査を行わず薬を処方してよいという通達が来て、検査を全てしない場合、このままでは冬場の開業医の受付は風邪かインフルエンザか新型コロナウイルスかで混乱するのでは、と思い始めました。

 

新型コロナウイルス感染症には明確に効く薬はありません。

でもインフルエンザ感染症なら簡易検査もできるし、薬もあります。放置すれば死亡することもあります。

 

気道感染症は新型コロナウイルスだけではありません。

喉も見たいし、溶連菌の検査なども診断には必要です。

 

私は、どうしたら街のビルの開業医が気道感染症の検査ができるのか考え始めました。

 

 

まず、全国のPCR検査BOXを調べてみました。

 

戸外用で製作されたものはありましたが、その県内でしか販売されていなかったり、県外移動自粛で実物が見られなかったりして断念。

 

でもこのままではいけない、患者さんが体ごと入れる室内用の検査BOXをオリジナルで作れないものか・・・

 

構想は浮かんだものの、どこに話を持っていけばいいのかわからずに困っていたところ、家内がキッチンを手掛ける会社(エムズファクトリー)の社長さんに相談。

 

社長のMさんは孵卵機製造業もされていて、間接的にインフルエンザワクチンにも関わっているということで、とても親身に話を聞いて下さいました。

そして、製作のため鍋清グローリー株式会社さんを紹介して下さいました。

 

私達は7月に2社と打ち合わせをして、蟹江の工場見学もさせて頂きました。

 

鍋清さんはトヨタなどの企業から依頼を受けて様々な製品を作っていらっしゃる会社で、さすがもの作りの愛知だな、と感心するスピードと誠実さで、私達医師がリクエストした事をいとも簡単に形にして下さいました。

 

飛沫が飛んでも良いように、HEPAフィルターのパーテーションを内蔵し、患者さんと医師の間にはスライド式の穴のついた透明なアクリル板を入れ、中に入った方が外から見えない様な色彩のパネルにして、使わない時はたためるように工夫して下さいました。

 

その後、8月初めに院内に設置をした時も、部屋に合わせて扉の位置を逆にして下さり、更に使い勝手が良いように要望を取り入れて下さるなど、本当に至れり尽くせりで感謝しております。

 

 

 

今後は2階の点滴室は感染症室に変更して、2台の検査BOXを置くことにしました。

スタッフルームは別階に1部屋から2部屋に新設しました。

 

 

現在、風邪症状の患者さんは感染症BOXを予約してもらい、BOX内で診察をするようにしていますが、医師にも患者さんにも双方にメリットがあり、本当に助かっています。

 

今はBOXが1台、HEPAフィルター付きクリーンパーテーションは2台ですが、8月末にはBOXが2台、パーテーションが3台になる予定です。

 

 

 

限られた場所しかない病院で、新型コロナウイルス感染症の院内感染を防ぎながら、普通の診察をしていく。

 

この両輪はとても難しいです。

でも、気持ちがあれば異業種で協力して下さる方もいて道も拓ける。

その方々に感謝して、今できることを頑張りたいと思います。

 

 

技量と経験を持った医療従事者の方々が、全国に沢山みえます。

そういった貴重な医療従事者が新型コロナウイルスだけに翻弄されることなく、危険に怯えることがなく、やりがいをもってその力を患者さんに還元できますように願ってやみません。

 

全国の医療従事者の皆様、気持ちが挫けないように前向きに頑張っていきましょう。

 

 

私達も地域の患者さんが、診てもらえるかわからない、といった不安に陥らないように、普通に検査、診断ができるシステムを少しずつ整えていきたいと思っています。

 

 

感染症検査BOXに興味がある医療関係者のお問い合わせ先は、当院ではなく、エムズファクトリーさんまでお願いいたします。

☎052-872-6932

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL