春に寄せて

福澤内科・皮フ科クリニックの院長の福澤良彦です。

今年はスギ花粉の飛散が多い年で、例年より苦労している患者さんが多いように思います。

以前から通院している患者さんが、今まではずっとマスクをして耐えてきたけれど、息子さんの3月20日の小学校卒業式と4月1日の中学校入学式だけはマスクなしで乗りきりたいと来院されました。
早速抗アレルギー剤と点眼薬、塗り薬を処方しました。

息子さんは幼少期から当院で予防接種を続けてきたので、成長を見守ることができて感慨深いものがありました。
彼は私も通学していた名古屋市内の私立中学に合格されたそうです。
おめでとうございます。

その中学では、お昼ご飯を食べる時に必ず行う作法があります。

合掌食作法。
本当に生きんがために今この食をいただきます。
天地の恵みを感謝します。
いただきます。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL