新型コロナウイルス抗体検査について①

こんにちは。

名古屋市中区の福澤内科・皮フ科クリニックの院長 福澤良彦です。

新型コロナウイルスの検査については毎日情報が更新されるので、その都度書いていこうと思います。

 

まず、抗体検査を最初に導入したきっかけは自分達に抗体があるかを知りたい、我々のように愛知県でクラスターが発生した時から不安な気持ちで暮らしてきた患者さんの不安を払拭する方法はないか、というものでした。

毎日風邪症状の患者さんと接してきて、医師の我々が無症状ながらも新型コロナウイルスに感染していたことはないのかという疑問はいつも胸にありました。

それで関東地方では抗体検査が先行していたため、当院での採用にあたりどの抗体検査キットが良いのか吟味を始めました。

 

多数の患者さんの抗体検査をしているクリニックが使用する検査キットの中で、最終的に韓国製SD BIOSENSOR社に決めた理由は、藤田医科大学およびその系列病院で全身麻酔の手術予定の患者さん(2週間自宅待機ができる方)の入院前検査として利用されている、という点でした。

 

CBCの番組で当院が放送されることになったので、藤田医科大学、ニチレイバイオに問い合わせをしました。

藤田医科大学からは、現在もニチレイバイオの抗体検査キットを使用されていると回答を得ました。

慶應義塾大学の性能評価は終了しており、藤田医科大学では引き続き性能評価を継続していますが、PCR検査の研究も進んでいるので、抗体検査キットだけではなく複数の検査で総合的に院内感染を防ぐ努力をされています。

 

抗体検査キットは性能評価試験中なのでまだ不明なこともありますが、当院ではまずは多数のPCR陽性の患者さんを受け入れた藤田医科大学と同じものを使用することとしました。

当院では新型コロナウイルスの抗体が出た場合はその都度御相談に応じる予定です。

 

会社が多い街の開業医ですので、様々なニーズに応える事が我々の使命です。

新型コロナウイルスと共存しながらも、少しでも不安を取り除き日常生活ができるように検査を拡充していきたいと思っています。

 

現在国が行っているのと同じ方法で抗体検査をご希望の方は、来週以降でご案内いたしますのでそちらをお待ちください。

この検査は肘からの採血で結果が出るのに日数がかかります。

詳細はHPでお知らせいたします。

 

15分でわかる(IgM&IgG)抗体検査キットは数に限りがあるため予約制です。

予約はお電話でお願いします。

→TEL: 052-218-8882

 

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL