蕁麻疹(じんましん)について

蕁麻疹は強い痒みのある皮膚の盛り上がり(膨疹)が突然出現し、大抵が24時間以内に消えてしまうのが特徴です。同じような場所に繰り返し出る場合もあり、1度は消えたのにまた出てきて痒くて. . .と訴えられる患者さんが多いです。
形は円形、花びら状、地図状と様々です。
身体のどこにでも出ますが中には唇や顔が腫れる方もみえます。気道が腫れると息苦しさも出ます。
初めの症状が出て1ヵ月以内のものを急性蕁麻疹、1ヵ月以上続くものを慢性蕁麻疹と呼びます。

蕁麻疹の原因

急性蕁麻疹はウィルスなどの感染症、食物、薬などが関与して生じることがあります。
アレルギー性で血液検査ができるものに関しては血液検査を行います。
慢性蕁麻疹は一般的には原因不明です。

蕁麻疹の治療法

蕁麻疹の治療は抗ヒスタミン薬の飲み薬です。
運転や仕事に差し支える方は眠気の副作用のない飲み薬もありますのでご相談ください。
気道が腫れたり、アナフィラキシーの場合は急いで注射や点滴が必要になります。
アナフィラキシーは蕁麻疹、血圧低下、気分不良、呼吸困難などを伴う状態です。

重症な蕁麻疹や蕁麻疹が数日続く場合は放置しないで早めに皮膚科に受診してください。