尋常性白斑について

尋常性白斑とは身体の一部が突然白くなる病気です。
白斑の形は木の葉状、不規則な地図状と形は様々ですが境界がはっきりしています。

尋常性白斑の種類について

汎発型

全身の広い範囲に出現し左右対称性に生じるタイプ。

分節型

皮膚の神経に沿って身体の左右どちらかに生じるタイプ。

限局型

ある部分に1~数個の白斑が局所的に生じるタイプ。

尋常性白斑の原因

自分の身体の免疫が色素産生細胞(メラノサイト)を誤って攻撃することにより発症すると考えられています。

尋常性白斑の治療法

皮膚病の中で最も治りにくい病気の一つと言われています。
治療は光線療法(保険適応)を行っています。

光線療法についてはこちら