掌蹠膿疱症について

手のひら、足の裏が硬くなり、水疱や膿疱ができる病気です。膿はうつることはありませんが、痒みを伴う事が多く良くなったり悪くなったりを繰り返します。約10%の患者さんで関節の痛みがあります。

掌蹠膿疱症の原因

まだはっきりとはわかっていませんが、喫煙者に多い傾向があり扁桃腺炎などの感染症や歯科金属アレルギーが関与している可能性も考えられています。

掌蹠膿疱症の治療法

ステロイドの塗り薬やステロイドテープ、ビタミンH(ビオチン)の飲み薬、光線療法などを組み合わせて治療します。

光線療法についてはこちら