とびひについて

正式名を伝染性膿痂疹と言います。子供がよく発症しますが、大人もなることがあります。
あせもや虫刺され、湿疹などをひっかくことで、ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌が顔や体の他の部位にうつり、水ぶくれ、皮めくれ、かさぶたを作ります。あっという間に広がってびっくりして来院される場合が多いです。

とびひの治療方法

抗菌薬の飲み薬、塗り薬で治療します。