院長の紹介

院長

院長 福澤良彦

平成元年 名古屋大学医学部卒業し公立陶生病院勤務
     名古屋大学医学部第3内科入局
平成5年 名古屋大学医学部附属病院勤務
平成7年 市立四日市病院勤務(医長)
平成10年 厚生連海南病院勤務(部長)
平成14年 福澤内科・皮フ科クリニック開院

院長からのご挨拶

こんにちは。
福澤内科・皮フ科クリニックの福澤良彦です。
平成元年名古屋大学を卒業後、一貫して内科医として働き、その間、日本内科学会の認定内科専門医として、学会や研究会参加、医学誌の精読等を通じて、内科医師として研鑽を積んでまいりました。
平成14年の開院後は更に、伏見・栄エリアの地域医療を支える、というコンセプトで、皆様の健康維持・増進に少しでも貢献できればという思いで働いてきました。
地域柄会社勤めの方が多く、そうした働く人々を下支えしよう。少しでも正しく診断して、お困りの症状を緩和したい。病気の早期発見・早期治療をしたい。健康寿命を延ばしたい。
もちろん開業医としてできることにも限界はあるので、より精密な検査・入院・手術などが必要な場合は、名古屋大学病院、名古屋大学第一・第二赤十字病院、名古屋医療センター、名城病院など高度医療を提供して頂ける病院、あるいは眼科・耳鼻咽喉科・心療内科など他科の医療機関とも連携をしていて、ご紹介もさせて頂いています。
これからも、医師になった時の初心、開業した時の初心を忘れず、皆様もこんなちょっとしたことで、と思うようなことでもお気軽にご相談下されば幸いです。

副院長の紹介

副院長

副院長 福澤加奈子

旭丘高校卒。
慶應義塾大学入学後医師を志し、愛知医科大学医学部入学。
卒業後は、加茂病院(現豊田厚生病院)、名古屋大学医学部附属病院、名古屋第一赤十字病院勤務。その後、開院。

副院長からのご挨拶

この度は当院のホームページを閲覧頂き、誠にありがとうございます。
副院長の福澤加奈子と申します。
現在、軽度の病気ならば市販薬で済ませられる時代となりました。
クリニックや病院で診察を受けるのは少し敷居が高いと感じる方もみえるかもしれません。
その中で来院される患者さんには、市販薬を使ったが症状が悪化してしまった、かゆみや痛みで眠れない、病気の原因が知りたい、早く治したい、など様々な理由があります。
当院皮膚科では、丁寧にお話を聞き、病気の説明をして不安を取り除き、治療をして笑って帰って頂くことを目標に、日々診察に取り組んでいます。
皮膚は体を覆っているため、皮膚病は頭から足先まで多岐にわたります。にきび、湿疹、蕁麻疹、アトピー、帯状疱疹、単純ヘルペス、虫刺され、やけど、とびひ、かぶれ、魚の目、たこ、イボ、円形脱毛症など、こんな事でとためらわず是非お気軽にご相談下さい。

スタッフからのご挨拶

開院以来、ご来院して下さる多くの患者様に支えられてまいりました。
いつも優しいお声がけを頂き、皆様からの愛に感謝いたしております。
ビジネス街でお忙しい患者様をなるべくお待たせすることがないように全力で取り組んでおりますが、お昼と夕方は混雑いたします。御迷惑をおかけいたしますが何とぞご協力をお願いいたします。
病院内でお気付きの事がありましたら些細なことでもお申し出下さい。
今後ともスタッフ一同で院内環境の改善に努めてまいります。