単純ヘルペス(単純疱疹)について

単純ヘルペスウイルス(HSV)が接触あるいは飛沫感染することにより生じます。
よく出る部位は口唇、性器、顔面ですが、手指や臀部、体幹に出ることもあります。

単純ヘルペスの種類

HSVは2型あり、HSV-1は顔、HSV-2は下半身に出ると言われていますが、HSV-1が性器に感染することも、HSV-1とHSV-2をともに保有している場合もあります。

カポジ水痘様発疹症

アトピー性皮膚炎などの皮膚病変に単純疱疹が合併したものをカポジ水痘様発疹症といい、発熱したり、リンパ節が腫れることがあります。

単純ヘルペスの治療法

治療は、抗ウイルス薬の飲み薬や塗り薬を使用します。ヘルペスの日常生活の指導や再発の対処法については丁寧な説明を心がけています。また、性器ヘルペス(GH)に関しては、年6回以上再発を繰り返す場合、保険適応の再発抑制療法がありますので、ご相談下さい。