高血圧症について

健康診断などで高血圧症を指摘されて来院する患者さんによく聞かれる質問が
「薬は飲まない方がいいですか?」「薬を飲み始めたら一生ですか?」の2つです。

成人における血圧値の分類

正常域血圧 収縮期血圧 拡張期血圧
至適血圧 120未満 かつ 80未満
正常血圧 120-129 かつ/または 80-84
正常高値血圧 130-139 かつ/または 85-89

高血圧 収縮期血圧 拡張期血圧
Ⅰ度
高血圧
140-159 かつ/または 90-99
Ⅱ度
高血圧
160-179 かつ/または 100-109
Ⅲ度高血圧 180以上 かつ/または 110以上

収縮期血圧というのが「上の血圧」、拡張期血圧というのが「下の血圧」と言われています。

血圧に関するポイント

① 至適血圧(120未満/80未満)を超えて血圧が高くなるほど、心血管病、脳卒中、心筋梗塞、慢性腎臓病などの罹患リスクおよび死亡リスクは高くなります。

② 血圧の内、収縮期血圧が心血管病リスクをより強く予想し、他の危険因子(高コレステロール血症、糖尿病、喫煙など)の合併により心血管病リスクはさらに高くなります。

高血圧症と生活習慣の関係

① 日本人は食塩の過剰摂取が指摘されています。食塩摂取量が多くなると血圧は高くなります。

② 近年、男性では肥満を伴う高血圧者が増加しています。

高血圧症のまとめ

自覚症状は乏しいと思いますが、治療せず放置すると、狭心症・心筋梗塞、脳卒中、慢性腎臓病などの危険性が増えるので、治療した方がより良いです。
そして、降圧剤を内服し血圧が低下しても、高血圧自体が治癒した訳ではないので、目標血圧レベルを長期間にわたり維持するため、長期にわたる通院治療が必要です。
ただ、高血圧は生活習慣病の1つであり、生活習慣の是正(塩分制限・減量など)により高血圧の予防および降圧効果が期待できます。
たとえ、生活習慣の是正だけで目標とする降圧が得られない場合でも、降圧薬の効果を高め、薬剤の種類や用量を減らすことができるので、是非生活習慣の是正に取り組んでみて下さい。
当院でも、そうしたことに取り組んで頂いた結果、降圧剤を減らしたり、中止できた人は何人もみえますので、まずはお気軽にご来院下さい。