乾癬について

乾癬(かんせん)とは皮膚から少し盛り上がった部分ができてそこに銀白色のフケのようなものが付着してポロポロ剥がれ落ちる皮膚の病気です。人にうつる病気ではありません。
全身どこにでもできますが、擦れる部位(肘、膝、臀部、頭)などに出やすいのが特徴です。
皮疹の大きさ、形は様々で症状が進むといくつかの皮疹が一緒になったり全身に広がる事があります。
かゆみを伴う場合や爪の変形、関節の痛みが出ることもあります。
男女比は2:1で男性に多く近年決してまれではない病気になっています。

乾癬の分類

  1. 尋常性乾癬(約90%がこのタイプ)
  2. 滴状乾癬
  3. 乾癬性紅皮症
  4. 膿疱性乾癬
  5. 関節症性乾癬

乾癬の原因と検査

原因はまだ解明されていませんが、乾癬になりやすい遺伝的素因に、不規則な生活、肉類を中心とする欧米化した食事、ストレス、肥満、感染症などが加わると発症しやすいのではないかと言われています。
乾癬の患者さんは高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風などの内科的な病気も合併する事がありますので、併せて血液検査もお勧めします。

乾癬の治療法

当院ではステロイドの塗り薬、ビタミンD3の塗り薬、ステロイドとビタミンD3の配合塗り薬と光線治療(保険適応)により治療します。

光線療法についてはこちら

生活指導について

乾癬の悪化要因をお話してなるべくできることから始めていただいております。