はしか(麻疹)について

沖縄でのはしか(麻疹)の流行以来お問合せを多数頂いております。
はしかは1978年から定期接種になりました。このため、それ以前に生まれた方々ははしかに自然感染して免疫を獲得していることが多いです。
その後2006年6月からはしかと風疹の混合ワクチン(MRワクチン)が2回の定期接種となりましたが、問題なのはその間の世代の方々です。
大体20~40歳台の方々ですが、予防接種が1回かあるいは受けていないため、免疫がないか弱く、はしか患者さんとの接触で感染してしまうようなケースもあると思います。
現在はしか単独のワクチンは全国的にほぼなく、接種する場合ははしかと風疹の混合ワクチン(MRワクチン)になります。
予防接種後約2週間して抗体ができてきますが、はしか患者さんと接触した場合、接触後72時間以内にワクチンを接種するとはしかの発症を予防できる可能性があると言われています。
一方でMRワクチンの場合は妊娠中の女性が接種すると出生児が先天性風疹症候群になる可能性があります。
妊娠の可能性のある女性は接種しないようにして下さい。

現在の状況

・麻疹(はしか)単独ワクチンの入手は困難です。

・麻疹と風疹の混合ワクチン(=MRワクチン)の入手は可能ですが、現在接種希望者が多いのでメーカーに在庫を確認してから予約確定となります。

料金と注意事項

・MR ワクチンの料金は9500円です。

・抗体がつくまで1週間~2週間かかります。

・ワクチン接種後は2ヶ月間妊娠が不可能です。

・以前、麻疹や風疹の予防接種の経験があっても接種可能です。

・名古屋市在住で妊娠希望の方、そのパートナーの方は風疹の抗体がない場合、MR ワクチンが無料で接種できます。その場合、風疹の抗体検査の結果が必要になります。

抗体検査について

・抗体検査ご希望の方は診察時間内にお越しください。予約なしで検査は受けられます。

料金は風疹のみで3000円、風疹+麻疹で6000円になります。結果は1週間程かかります。

予約について

MRワクチン接種希望の場合はお電話でMRワクチン希望と伝えて頂ければ、メーカーの在庫を確認して折り返しお電話をいたします。
その他ご質問があれば当院までお問合せ下さい。
電話番号:052-218-8882